TOP  | プロフィール  | Chromium  | 研究業績  | 料理  | DMI  | TeX  | いろいろ  | Twitter
total: 187705   today: 56

ドキュメント

DMIのプログラミングの基礎、実行方法、APIの仕様については、 以下のドキュメントを参照してください:

なお、このドキュメントでは主にAPIの仕様しか説明していませんので、 DMIの設計や実装についての詳細は下記の修士論文をご参照ください。

発表文献

DMIに関する学術的な情報は以下を参考にしてください:

  • Kentaro Hara, Kenjiro Taura. Parallel Computational Reconfiguration Based on a PGAS Model. IPSJ Journal of Information Processing. Vol.20, No.1. 2012/1. [paper]
  • Kentaro Hara, Kenjiro Taura. Half-process: A Process Partially Sharing its Address Space with Other Processes. IPSJ Journal of Information Processing. Vol.20, No.1. 2012/1. [paper]
  • 原健太朗。再構成可能な高性能並列計算のためのPGASプログラミング処理系。修士論文。2011/2 [paper] [slide]
  • 原健太朗、中島潤、田浦健次朗。アドレス空間の大きさに制限されないスレッド移動を実現するPGAS処理系。情報処理学会論文誌(プログラミング)。Vol.4, No.1, pp.27-65。2011/3 [paper]
  • Kentaro Hara, Kenjiro Taura. A Global Address Space Framework for Irregular Applications. 2010 International ACM Symposium on High Performance Distributed Computing(HPDC2010). pp.296-299. 2010/6 [paper] [poster]
  • 原健太朗、田浦健次朗、近山隆。DMI:計算資源の動的な参加/脱退をサポートする大規模分散共有メモリインタフェース。情報処理学会論文誌(プログラミング)。Vol.3、No.1、pp.1-40。2010/3 [paper]
  • 原健太朗。有限要素法における連立方程式ソルバの並列化(第2回クラスタシステム上の並列プログラミングコンテスト成果報告)。第9回PCクラスタシンポジウム。2009/12 [slide]
  • 原健太朗。クラウドコンピューティングに対するスレッドマイグレーション技術の適用。大学院輪講。2009/11 [paper] [slide]
  • 原健太朗、田浦健次朗、近山隆。DMI:計算資源の動的な参加/脱退をサポートする大規模分散共有メモリインタフェース。SWoPP2009。2009/8 paper] [slide]
  • 原健太朗。DMI:計算資源の動的な参加/脱退をサポートする大規模分散共有メモリインタフェース。学士論文。2009/2 [paper] [slide]

ライセンス

本ソフトウェアはGPLライセンスに従います。

インストール

インストールは次のように行います。 詳細はドキュメントを参照してください:

$ tar xvf dmi-x.x.x.x.tar.gz
$ cd dmi-x.x.x.x
$ ./configure --prefix=/hogehoge/fugafuga  # 必要に応じてインストールディレクトリを指示する
$ make
$ make install